サロンで受けるときに注意したい点
2017.05.23

マッサージ美容クリニックとエステサロンでサービスが行われているキャビテーションですが、その二つの違いは専門知識を持ったドクターが行う「医療行為」であるかというところです。専門知識を持ったドクターがいないエステサロンでのキャビテーションは医療行為ではありません。その分専門知識を持ったドクターがいる美容クリニックで行うキャビテーションは費用がかかってしまいますが、安心・安全は保障されています。だからといってエステサロンのキャビテーションには効果が無いということでありません。もちろん、どちらにも効果はしっかりとあるのです。

その中でも、エステサロン選びというところから慎重にしていくことが重要なポイントになります。まずは経営状態といったところです。大手の人気エステサロンはひとまず安心しても大丈夫と言えるでしょう。ですが、いつ倒産してもおかしくないといった状況の個人経営のサロンは少なくともあるのが現状です。キャビテーションにはお試しコースとして格安で1度だけ施術が行えるサービスがありますが、1度だけでは効果は限られています。何度も通ってからこその「キレイ」があるわけですから、1度のみならず通う必要があります。そうしていくうちに、回数制のコースを契約してしまい、契約途中でエステサロンが倒産してしまうと残り回数分の費用が無駄になってしまいます。そうならないためには、1回ごとに契約をした方がいいとも言えますね。また、保証制度が整っているかどうかというのも重要なポイントになってきますので、詳しい情報をよく確認しておくべきです。

さらに重要なポイントとして、キャビテーションの施術を受けた後に行うアフターケアもしっかりと行いましょう。キャビテーションというのは結果が出やすい分、施術後のアフターケアを怠ると効果が減ってしまいます。施術後では溶けた脂肪が再び固まってしまう前に、リンパマッサージで溶けた脂肪をリンパ管に流し込み、さらに水分補給をし、尿や汗とともに排出させることが肝心です。これをしっかり行う事で、効率的で綺麗な痩せ方ができます。

そしてキャビテーションの施術を行った脂肪というのは、乳化され柔らかくなっており、施術後2週間は非常に脂肪が落としやすい状態になっています。このタイミングでエクササイズやマッサージを行いどんどん脂肪の消滅に働きかけていくことが肝心です。これを怠ってしまうと、あっという間にまた脂肪が固まってしまい、落としにくい状態に戻ってしまいます。
同じ費用をかけて受けたキャビテーションエステでも、アフターケアをしっかり行うかどうかで、効果の現れ方には大きな差が出てしまうことになるのです。サロンではアフターケアについてしっかりと説明してくれないところも中にはあります。どんなダイエット法であっても、多少の運動や努力はしなければなりません。費用をかけてせっかくキャビテーションをするのであれば、アフターケアをしっかりと行う事が最も大切なことです。

▲ ページトップへ